うずログ

uzullaのログです

ホテルのキーがキーニナル

私は普段引きこもりなのですが、出先でビジネスホテルに泊まる事が結構あります。なにせ家が都心から遠いので終電逃すとタクシーよりもホテルの方が安い。

最近はじゃらん楽天トラベル等のアプリをつかえば、日付をまたいでいても普通にホテルを探して取れるので本当に便利な時代です。

これは旅行中でも同様で、移動した先で昼飯を食べながら予約したりします。いきあたりばったりな感じですけど、事前に日程を組むよりも楽なんですよね。

ビジネスホテルにいって個人的に気になるのは「キー」関係ですね。キーといっても最近だとカードだったりしますが、単なるキーだったり、電磁ロックだったり、NFCだったり、磁気だったり、いろんなタイプのメカニズムが見れるのが楽しい。

ところで、先日のGWで四国を旅行したのですが、四国ではまだまだ「本当のキー」タイプが普通でしたねー。

浜松あたりまではカードだったんですけどね

f:id:uzulla:20160512011451p:plain

アットホームなホテルだと、木のぬくもりにあふれるキーとかありました。

f:id:uzulla:20160512011520p:plain

まあ、これらは普通なんですけど。四国で初めて見たのが「タブレット」ですね。タブレットっつっても、iPadとかそういうタブレットではないのですが。こういうのです。オレンジのプラスチックの平板です、まさにタブレット。見づらいですけど、キーホルダーとはまた別体になっています。

f:id:uzulla:20160512012016p:plain

いわゆる部屋の電源をオンオフするカードキーをさしておくところが、この「タブレット」なんですよね。

国内や海外のそこまで多くもないホテル経験からいえば、カードを差し込んで電源を制御するタイプはよく見ますが、この「タブレット」は初めて見たので軽く盛り上がりましたね*1。ただ、レアなのかは良く解らない。四国の旅行中に二箇所みたんですよね、もしかして四国ではメジャーなのか…。

ただ、部屋の電気をオンにするカードキーは適当なカードで代用でk(検閲)じゃないですか、それがすごいしづらいんですよねこれは。僕は普通なのがいいなあ…。

話は変わりますけど、旅行には爪切りをもっていくと便利ですね、

f:id:uzulla:20160512011636p:plain

ではでは。

*1:強いて言って、四角柱のキーホルダーをさしこむやつは見た事がある